ジョニー・ウォーカー

選び抜かれたモルトと至高のブレンディング

1820年、ジョン・ウォーカーは「一定した高い品質の商品を提供したい」と考え、紅茶のブレンディングをヒントに、シングルモルトウイスキーのブレンディングを始めました。彼のこだわりが生んだジョニーウォーカーは、今では世界No.1*のスコッチウイスキーとして人々に愛されています。
*2014年度スピリッツブランド別販売数量合計ベース(2014「IMPACT」発表数字)
ジョニー・ウォーカー ブルーラベル
一万樽に一樽といわれる希少な原酒のみを用いた究極のブレンド。この上なく芳醇で力強く、微かにスモーキーな味わい、長く心地よく続く余韻が特徴です。